80年代、日本のポストパンク(exポジティブパンク/PositivePunk)ムーブメントの
中心的存在として活動し、今なお進化し続けるMADAME EDWARDA
Zin-Francois Angelique(Vo/ジン・フランソワ・アンジェリック) を中心に、
Snaky-Snaky(G) 、D'indy(B)、Scilly(D)の4人編成。


Zin-Francois Angelique
Snaky
D'indy
Scilly

PROFILE

MADAME EDWARDAは、1980年、日本のポストパンクシーンから生まれ、
ゆらめく炎のようにメラメラと変化をし続ける孤高の集団。
音と言葉、ビジュアルで、脳裏に突き刺さる強烈な幻想イメージあふれる世界を描き続け、
主に怪奇と幻想をテーマにしたシュルレアリスティックで難解な歌詞世界、
80sニューウェーブや80s Positive(Post)Punkを経てさらに進化を続ける。
パントマイムを交えた演劇的/シアトリカルなステージングも独特なロックバンドである。
シリーズギグ「WEIRD TV」を主宰する他、
1983年にオープンした日本発のポストパンククラブとして知られるCLUB WALPURGISを中心に、
シアトリカルで、時にシュールレアリスティックなステージを繰り広げ、精力的に活動中。

BIOGRAPHY

1980年結成。強烈な個性を放ち、80年代日本のインディーズシーンで注目を集めた。
新宿LOFTで「バロック・サーカス」、目黒鹿鳴館で「ダンス・マカブル」といったシリーズギグを続け、
新宿ツバキハウスではAlien Sex Fiendと競演。LP,12inch Single,CasetteBookなど数々の音源をリリースした。
また、ZINがDJを務める 日本初のゴシックパンク秘密クラブCLUB WALPURGIS(クラブ・ワルプルギス)との相乗効果もあり、
80年代初頭、日本のPositive Punk(Post Punk)シーンを切り拓いた後、1985年に第一期MADAME EDWARDA解散。
2009年1月にZEUS MACHINA(ゼウス・マシーナ)を中心とした第二期メンバーを迎えて再結成し、
2013年5月にKevin脱退。その後、 ZEUSMACHINAのオリジナルギタリストYukino(AUTO-MOD,ROMEO MIRROR)をはじめ
2013.9月〜2014.2月の間は川上啓之(swaraga,DIGZIG,Ex:町田町蔵&人民オリンピックショー,D・O・Tなど多数) を
サポートギタリストに迎えて活動後、2014年3月、Snaky-Snaky加入。2016年1月、Lamia Sebastian脱退。

海外アーティストとの競演では、2009年よりVINYL主宰による数々のライブに出演。
2009年のThe Only Ones来日公演でフロントアクトをつとめたPADDY & NEW TOYZに
Zin-François Angélique(MADAME EDWARDA)が参加。2012年4月にはSILVERHEADと競演した他、
2014年2月にはSEX GANG CHILDREN、同年3月にはSTEVE STRANGE率いるVISAGEと競演するなど、
海外アーティストとのライブも数多い。


back